企業理念


個性の成長と企業の成長そして、地域の発展をめざす

個性の考え方 
  基礎(日常的な業務)を現場(経験)で応用(感性)できる事
  
企業の考え方 
  上昇志向を持った同士の集合体である事
  
地域の考え方 
  新しい発見場所である事
  


 
仕事に対する心構え(社訓)

 

全てにおいて質より量をこなし
それを経験として受け入れる感性を磨く心をもつ
 

1. 常にハングリー精神を持ちチャレンジする。
 
2. 結果は結果ではない。常に結果を出すために戦う。
 
3. 限界の思い込みを捨てる。もう一歩進む、もう少し手を伸ばす
 
4. 常に謙虚であり常に感謝をする。
 
5. 常に観察・修正・確認する。
 
6. 問題意識を持つ。発見と解決がステップアップにつながる。
 
7. 問題を問題と捉えない。変化・チャンスと捉える。
 
8. 愚痴・陰口を言わない。

1. 密度の高い仕事の追及
 
2. 覚悟ある仕事
 
3. 挑戦心を失わぬ仕事への姿勢
 
4. 自立心を失わぬ仕事への姿勢
 

全てにおいて量より質という考えが確立される



 
スタッフの役割

1. 理念・社訓を言葉ではなく心で受け入れられた者
 
2. 社長の不足とする能力を有するよう試み、諸問題に対して常に解決する姿勢を持つ
 
3. 会社の現状を把握し、理念に沿って戦略的発想・立案・実行ができる者
4. スタッフには理念をお客様には存在感を身と心と言葉で伝える事ができる者
 
5. 身体を休ませても心まで休ませない者
 
6. 報告・連絡・相談ができる者


役割評価基準

1. 何かに挑戦し達成した者
 
2. 何かに挑戦し達成できなかった者
 
3. 挑戦した人の手助けをした者
4. 何もしなかった者
 
5. 何もせず批判だけしているもの
 

  

“仕事ができる”という事は、
“数字で結果を出せる”という事である

 

“仕事をする”という事は、結果を出す事が目的ではない。
結果を出そうと努力し続ける思いと行動が人間性を高められる、
それが“仕事をする”真の目的である。

戻る